• No Products in the Cart

もっとフルスイングを

1980年代に巨人で活躍した元大リーガー、クロマティのインタビューを読んで確信しました。日本はあまりに「組織立ちすぎている」ということ。これが社会と人材の活力を押さえつけています。

小さい頃は学校や家庭でことあるごとに「どうしてみんなと同じにできないの」と言われ、受験や就職では「過去問だらけの必勝法」。

「君のやる気とアイデアで会社を変えてほしい」と期待されて入ったはずの企業でも「勝手なことをするな」と言われ、マニュアル漬けの仕事と人材育成。

すべてにおいて組織が優先する社会。「体制維持と守りのDNA」が強すぎる日本には、創造力やオリジナリティを求められる場面はあまりありません。考えることや努力すること自体がムダ(成功の阻害要因)になってきます。

エムシーキッズは、子どもたちが周囲の顔色や予定調和を気にせず、伸び伸びと自分を表現できる学習環境を約束します。そしてコンピュータサイエンスを幹にした学びとキャリアで、個性を社会に役立てるお手伝いをしていきます。

日本の野球はあまりに組織立ちすぎている(Full-Count記事)
<クロマティの見た日本の野球>
「日本の野球はワンパターンと言ってもいいかもしれません。日本の野球はずっと同じで、サプライズというものが欠けています。言うなれば、全てが予想可能なのです。先頭打者がヒットを打てば、次の打者はバントする。」

「驚きという要素、本能と呼ぶべきものが足りません。ベースボールと野球はリズムが違いますね。依然としてあまりに組織立っているというか。ですから、私は選手の自己表現をもっと見たいと思っています。」

admin

RELATED POSTS