知識を「考える力」に変える

ミレニアル世代にとって、知識は記憶するためのものではありません。コンピュータやAI(人工頭脳)が生活を支えるようになると、彼らがとてつもなくたくさんのデータを記憶し提供してくれるからです。

これからは、様々な知識を「考える力」に変えることがより重要になってきます。記憶としてのナレッジではなく、データや経験を生かすための工夫と仕組み作りに役立てるナレッジ。それができる人材を世の中は求めています。

エムシーキッズでは、考える力を養うためにアイデアと好奇心を刺激する色々なツールやコンテンツを子どもたちに紹介していきます。自分のお気に入りを見つけて、楽しみながらアイデアの出し方や考える力をつけるトレーニングをしていきましょう。
 

 
 
 
 
情報を集めて整理する
  • 本やインターネットなどで情報を収集する
  • ポストイットで整理する
  • みんなと話す(情報やアイデアをシェアする)~人と話すと自分のアイデアがよく見えてくる
  • レポートにまとめる(筋を通す、フレームを作る)
  • 発表・発信する(順番、話し方、終わり方)
 
サイドメニュー  

そして、知識(データ)と考える力の向かう先は「アウトプット」です。